お知らせ | ダストテイル-短歌と散文のブログ-

お知らせ

純響社時評

どうもです。

今回の純響社さんの短歌時評、更新されております。
光森裕樹さんの第一歌集を読んでみました。

http://junkyosha.com/jihyo/012.html

前にこのブログでちょっと触れたことがあるのですが、そちらも合わせてお読みいただくと
僕が考える光森像が浮かび上がるかもです。

http://cocoatalk.blog94.fc2.com/blog-entry-578.html

よろしければぜひ。

ではではっ!
スポンサーサイト

純響社連載

こちらでのお知らせが遅くなりましたが、純響社さんに掲載された文章が更新されております。

長い文章なのですが、長いほうが書くのが「楽」っていうのはときどき文章を書く人として忸怩たるものがありまして、読みにくいかもしれませんが大事なことが書いてあります。

それを削るほうが大変なタイプなのでやっぱりネットとかのほうがあっているかも知れません。

ぜひご一読いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

http://junkyosha.com/jihyo/010.html

短歌の批評とは何か?

純響社さんの第4回目の時評、更新されました。

メルマガもそろそろ発行される、はず。。。

今回は今までになくペースが速い更新ですが、それだけ自分のなかで「大切な問題」だということになります。


「短歌の批評とは何か」


ほんと、乾坤一擲の文章ですので、ぜひお読みいただければ、幸いです。


ご感想をお待ちしています。また、ご反応はいくら遅れてもかまいません。別媒体で取り上げていただくことも歓迎いたします。

これでどんどん生産的な議論が生まれなかったら、ぼくは潔く、この時評を降板する覚悟で書いております。今回の時評自体が、私の信仰告白です。

よろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。