どうしてBK1で本を買うのか | ダストテイル-短歌と散文のブログ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてBK1で本を買うのか

さて、今日はちょっと書評とは関係ないのですが、私が今BK1に強くはまっている理由をひとつ。

私の場合、大体月にかける書籍代は二万円から三万円ほど。古本と新本の割合はだいたい五分五分というところです。

読むジャンルとしては、圧倒的に歌集・詩集が多くて全体の8割を占めます。あとは思想系の本が続く感じ。美術系の本もたまに買います。

BK1は雑誌がおいていないのが非常に残念なのですが、それでも新刊本をぎりぎりまで安く買うことができると思います。

BK1では毎月、週刊ビーケーワンというメルマガが送られてきますのが、そこで毎月1回、3000円以上300円引きのサービスを行っています。

歌集1冊の値段は、3000円前後なので、これを駆使すると300円引きになります。

さらに、アフィリエイトをやっていると、もう一つ300円引きのギフト券が付いて来ます。

2回にわけて、それぞれの注文を3000円以上にして注文すれば、300円引きで購入できてしまうわけです。

もう一つ大切なことは、BK1には、「コンビニ払い」できる制度があって、これがまたバカにならないくらいポイントをためるコツの一つになります。

たとえば、ファミリーマートのTポイントクレジットカード。

ファミマかTSUTAYAを利用している人なら、このカードをお持ちの方も多いと思いますが、BK1で買ったものは、すべて「コンビニ払い」を選択して、送られてきたコンビニ払いの注文書を、さらにファミマのクレジットカードで支払うというテクニックを使えば、クレジットカードのポイントがたまるだけではなく、BK1のポイントもちゃんとたまります。

「あ。今週買いすぎた」

という場合は、そのときの都合で支払いを2週間までならのばせるので、翌月のクレジットカード払いにして、分割払いっぽく使うことも可能です。

ということで、本を買うときは、僕はほとんどBK1のコンビニ払いを使います。

さらに、自分でアフィリエイトをすれば、自分で本を買ってもアフィリエイト扱いになるので、合計すると
直接買うよりも300円~500円ほど安くかうこともできるようになります。

さて、BK1のギフト券は、これをお読みいただいたみなさまにもお使いいただくことも可能らしいので、
ここに添付しておいちゃいます。

BK1のギフト券。バカになりません。
ぜひご活用ください。

-----------------------------------------------------------------------------

★今月のギフト券★

08affivc11071130


 ※このギフト券は【お一人様1回のみ】ご利用いただけます。
※このギフト券は 2008/12/01(月) 23:59 までご利用いただけます。
※税抜3,000円以上ご注文の場合にご利用いただけます。
  (送料・手数料を除く)
 ※モバイルビーケーワンではご利用いただけません。

 ■ ご利用方法 簡単です!




↑ここをクリックして、BK1のサイトへ飛んでください。


1) ご注文いただく書籍を買物カゴに入れる

2) 買物カゴで【レジへ進む】ボタンをクリックする

3) 【お支払方法選択画面】で、「bk1ポイント・ギフト券を
利用する」にチェックする

4) ギフト券入力欄にギフト券コードを入力する

※ ギフト券コードは << 08affivc11071130 >> です ※
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ※このギフト券は【お一人様1回のみ】ご利用いただけます。
※税抜3000円以上ご注文の場合にご利用いただけます
(送料・手数料を除く)。

5) ギフト券300円分が適用となり、ご注文金額の合計から
300円分が差し引かれる

 ■ ギフト券の有効期限

2008/12/01(月) 23:59までご利用いただけます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

----------------------------------------------------------------------
お読みいただいて、ありがとうございました。
もしこの記事がお気に召したら、ぜひブログランキングを拍手かわりにクリックしていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。