短歌往来1月号 | ダストテイル-短歌と散文のブログ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌往来1月号

短歌往来



短歌往来2009年1月号







お久しぶりです。
なかなか最近、ブログの更新ができずにいます。

さて、今回はお知らせというか、活動情報なのですが、
ながらみ書房の月刊短歌雑誌「短歌往来」1月号に

「ニューウェーブの再検討をめぐって」

という評論を寄稿しています。

こちらは、この秋から集中的に取り組んできた評論三部作のひととおりの区切り。
ニューウェーブの「私」をもう一度再検討することから短歌史を考えていこう。
という、専門用語に満ちあふれたあまり読む人に優しくない地味な評論になっています。

荻原裕幸さんの「ニューウェーブと主体」の議論をもう一度引っ張り出してきて、状況整理
しているような内容です。

お手に取る機会がありましたら、ご一読いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

----------------------------------------------------------------------
お読みいただいて、ありがとうございました。
もしこの記事がお気に召したら、ぜひブログランキングを拍手かわりにクリックしていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。