歌集の感想について | ダストテイル-短歌と散文のブログ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌集の感想について

難しい時代になりました。誰もが情報を発信することが出来るようになって、誰もがメディアだけではなくて、その他のネット上のオピニオンリーダーみたいな人が数多く出てくるようになって、様々な角度から、様々な問題について意見を述べています。そしてその意見があちらこちらに拡散して、いまyoutubeを見ても、ツイッターを見ても、いろいろな言動の人がごっちゃになって入り乱れている、そんな時代になってしまいました。

情報の戦国時代といいましょうか。

中には眼を疑うようなものもありますし、聞くに耐えないようなものも多くあります。

そんな中で、自分が最近痛感しているのは、自分の中の弱さというか、ちょっとした情報に過敏に反応してしまう自分の心の弱さのようなものです。

そして同時に、情報発信者としての自分の声の小ささというか、影響力の低さのようなものです。

(僕は毎日ツイッターのフォロワーさんの人の会話を眺めたり、羨ましく思ったり、これはひどいと思ったりして、1900人分全員チェックしたりしていた時期もありましたが、とんでもなく疲れる作業なので、今年に入ってからはもうしていません。個人が許容できる情報の量の限界を、あきらかにオーバーしていると思います。)

僕自身、これから何を書くかはよくわかっていないのですが、おそらく「誠実さ」のようなものについて語りたいのではないかと思います。

去年まで僕は「自分の中で」は誠実に、いただいた歌集については全力で歌の感想をブログに書いていましたが、岡大短歌さんの感想を書いた以後の歌集については、感想を書くことをためらっています。

自分の感想が、とても批評的になってしまうことを恐れるからです。

もしかして僕に歌集を送ってくれる人は、そんなことを望んでいないのではないのか。

ただ一読して、好きな歌をいくつかツイートしてそれで良いのではないか
とかいろいろ考えたりしました。

これだけ情報が入り乱れて、まあ歌集の感想についてはたいていささやかに好きだというくらいの感想が流れているだけなので、コミュニティというか、好きという共同体を壊してまでも、あえて批判的なことを書く必要があるのかどうか。自分の文章が、もしかして誰かにとって暴力になりうるかもしれない。それが「誠実な」文章のあり方だろうか。

ということについて少しためらっています。

去年についていうと、彗星集の仲間の歌集も含めて、実はたくさん歌集を送っていただいたのですが、どうも自分のなかで今「なんでも書く」スタイルを続けることが、必ずしもベストだとは思えずに、かといってスルーするわけにもいかずに、とまどっています。

ツイッターについてもそうです。

最近自分の身の回りでは排外的というか、ちょっと相手を貶めることで自分に有利な言説になるように仕立て上げるような言い方がものすごく目に入ってきます。

世の中のことについても、なんだか今まではすごく楽観的で、僕一人くらい攻撃的な事を言っていてもまあいいか

くらいに考えていたのですが

どうもそうではない。おかしいぞ。

と思っているうちに、あれよあれよというまにインターネットと言うメディアが、とても攻撃的になってしまいました。

僕は、そろそろ穏やかさとか優しさというものを大切に生きていきたいというふうに思うようになってきました。

ネットの上でも、頼まれもしない「感想」を書き続けても本当にいいのかどうか。
自分自身のあり方が少し見えなくなってきています。

そういう訳で、いま、僕は自分自身の「ためらい」のようなものと格闘しながら、ひそかに沈黙しています。

できれば、どういうふうに話をすればいいのか、誰かに教えてもらいたいという気持ちでいっぱいなのです。

ということで、アプローチの方法が見つかるまで、まだ少し言葉の扱い方について、考えさせていただきたいと思います。

ツイッターでは伝わらないと思うので、長々と文章を書きました。

事実上は、今現在もブログを休止している状態なのですが、
あらためて、暫くの間、ブログを休止させていただきたいと思います。

最終的には、ネット上に歌集の感想を書き下ろすことは、もしかしたらもうないかもしれません。

もし差し支えなければ、ツイッター上でも、どなたかご相談に乗っていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。