データベース的思考 | ダストテイル-短歌と散文のブログ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データベース的思考

「セクシャル・イーティングについて考える」

で書ききれず、今思いついてしまったことを。

私は、前稿で、「日々の食事の記録」をつける意義がよくわからない。

という趣旨で、文章を書いた。

あくまで仮説として考えてみたい。

たとえば、セクシャル・イーティングの参加者にとって「毎日の食事の記録」をつける
という作業が、それこそ推進力のように歌を作る動機に結びついているとしたら。

と考えてみたい。

短歌を作る動機や意義、その過程もふくめて公開してしまおうという意図があって、
参加者たちが「毎日の食事の記録」をつけようと考えようとしたのだとしたら。

この感覚はわからなくはない。

岡井隆の「2006年水無月のころ」などの最新2歌集には、それこそ歌が成立する
「場」そのものをあらかじめ決めて、そこから歌を歌うという試みがなされている。

私は以前、未来のシンポジウムで、「生活の時代」に突入した歌人たちが、どの
ように歌を歌うのか、という問題に直面している、という内容の発表をしたことが
ある。

歌を歌う根拠のようなものが、「単調な生活」そのものに結びつかざるをえなか
った場合、歌人たちは、「単調な生活」と「歌」とのかかわりをやはり問うように
なるだろう。

もし、セクシャル・イーティングの「日々の食事の記録」が、そのような「単調な
生活」の記録の代わりとして、それを補うものとして存在しているのだとしたら、

その発想は、なんというか、「岡井隆の発想に似ている」というふうに考えられ
る気がするのである。

しかし、

もしその感覚を、私が「わからない」と感じる要素があるのだとすれば、

その「単調な生活」が、あまりにも露骨に提示されていることそのものに
あるのかもしれない。

一日の生活さえも、朝起きて、夜寝て。というような、それこそ「日記」とし
て提示されているのであれば、が「ああ、作歌動機と、日々の記録」が結
びついているのね。

というふうにとらえることは、簡単にできただろう。

しかし、日々の記録ではなく、日々の食事の記録としてそこに提示された
ものは、なんというか、あとから見ると、データベースのようにしか見えない。

つまり、この「データベースのようなもの」から、参加者たちが歌う動機を
見つけようとしているのであれば、その発想の無根拠さに、ついていけなく
なってしまったのだ。

少なくとも、毎日や人生を、ドラマチックに生きたい。

あるいは、生きることを物語としてとらえたい、という潜在的な欲求を持つ
人間にとっては、である。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。